チラシ・フライヤーの反応を高めるには

ストーリー性のあるチラシ作りが置きチラシや設置型フライヤーをはじめとした販促方法に集客効果をもたらすために重要であると書きました。また、ランディングページの構成がストーリー作りのために参考になるとも。

ランディングページには必ず「購入する」「資料請求する」などのゴールがあります。ゴールを設定することは、チラシ・フライヤーでの宣伝においても同じです。でもただ、お問い合わせ先やQRコードの掲載するだけではなく「オファー」と呼ばれる仕掛けを用意すれば非常に効果的になります。

オファーとは

購入というゴールをアシストするための最後の提案です。ランディングページもチラシも何度も見てくれるものではありません。今、買おう、と決心するきっかけが必要です。オファーはその役割を担っています。
ではどういういうオファーが望ましいのでしょうか。「希少性」「心理性」の2つの側面から考えることができます。

希少性

今買わないと、もうチャンスが無くなってしまうかもしれない、今決心しないと損するかもしれない、と思うに値するような提案です。期限人数など物理的なリミットによって表現することが多いです。

例:「2月22日まで!」「先着100名様限定」「100個限り」「無くなり次第終了」など

心理性

何かお得に感じる、失敗するリスクが少なく感じる、ギリギリの選択を迫られ切迫した気持ちを安心させてくれるような提案です。

例:「お試しサンプル無料」「もう一個プレゼント」「返金保証」など

組み合わせて提案する

希少性、心理生どちらもお客様にとっては悪くない提案で、販売者にとっては企業努力の賜物です。販売者は大盤振る舞いするわけにはいきませんが、見込客に出会うチャンスを逃すわけにもいきません。コストと効果のバランスを考え設計することが求められます。

希少性、心理生、2つのオファーを組み合わせてより魅力的な提案で見込客との接点を演出しましょう。

最後に

他にも「不安を取り除くための質問回答集」「お得感のある汎用性」など、購入行動の確率をあげる手法はあります。1回ダメでもあきらめずどんどん工夫して改善すればよりより反応が得られるチラシになります。



告知マーケットのエーヨ!
なら自分でお店に交渉する手間なくオンラインのやりとりでチラシ置きの依頼が可能です。戦略をすぐに行動に移せるからとてもスピーディーですね。ぜひお試しください。

https://a-yo.jp