チラシ・フライヤーはランディングページ

置きチラシや設置型フライヤーに集客効果をもたらすためには、商品の魅力やデザインが重要です。さらに反応率を高め、効果を見える化するためにはストーリー性のあるチラシ作りが欠かせません。これにはランディングページが参考になります。楽天などのネットショップで見かける1ページに上から順番に情報をストーリー的に表現したあのレイアウトです。

ストーリーは起承転結で

起承転結が一番わかりやすいストーリー展開です。これをチラシにあてはめるのはとても簡単です。上から順番に見せればいいだけですから。

「起」:顧客がなりたい未来

顧客がなりたい未来の状態であり、自分自身が目指す商品・サービスを使った後の状態です。世界観と組み合わせるとより魅力的です。

「承」:課題・共感

思わず「あるある」と言ってしまいそうな共感性の高い課題を明らかにします。

「転」:解決

あなたの商品・サービスで具体的に課題がどのように改善されるのかをできるだけ明快に伝えてください。それができる根拠も合わせて提示します。

「結」:使った後の状態

実際に使って見たらどうなるのかをレビューや既存ユーザーの声として掲載します。使用者の購入前の安心感につながります。

最後に

他にも「不安を取り除くための質問回答集」「お得感のある汎用性」「購入を後押しするオファー」を付け加えればストーリーの完成度は増していきます。(あまり冗長にならない程度に)
なお、チケットなどなんらかの「行動を起こさせる要素」は必ず入れるようにしてください。

ユーザー目線を大切に

いずれにしても自分が発信したい情報を垂れ流すだけでは、ストーリーにも商品にも魅力はありません。あくまで顧客目線・ユーザー視点で商品・サービスを見ることが言うまでもなく重要です。そうすれば文章やビジュアルデザインが多少稚拙でも思いは伝わります。

告知マーケットのエーヨ!
なら自分でお店に交渉する手間なくオンラインのやりとりでチラシ置きの依頼が可能です。戦略をすぐに行動に移せるからとてもスピーディーですね。ぜひお試しください。

https://a-yo.jp