チラシを置いてもらうためには

チラシやフライヤーの活用方法の一つである、「店舗にチラシを置いてもらう」ためにはどうすればいいのか。
方法は大きく3つあります。

1、知り合いのお店に置いてもらう

  • 難易度:★★・・・
  • 効果見込み:★★・・・

メリット:

・かんたんに置いてもらうことができる。
・ネットをしない人にも見てもらえる。

デメリット:

・ターゲットが合っていない場合が多い。
・惰性で置いてもらうパターンに陥りやすい。
・時間や手間が結果に結びつきにくい。

2、知らないお店に置いてもらう

  • 難易度:★★★★・
  • 効果見込み:★★★・・

メリット:

・ターゲットに合わせてチラシを活用できる。
・新たな見込み客に出会う可能性がある。
・ネットをしない人にも見てもらえる。

デメリット:

・時間や手間がかかる。
・行ける範囲やスキルが限られ、結局ターゲットの合っていない店を選びがち。

3、置きチラシサービスを使う

  • 難易度:★・・・・
  • 効果見込み:★★★★・

メリット:

・ターゲットに合わせてチラシを活用できる。
・新たな見込み客に出会う可能性がある。
・かんたんに置いてもらうことができる。
・エリアを限定しない。
・ネットをしない人にも見てもらえる。

デメリット:

・費用がかかる。

どれも一長一短ありますが、広告宣伝はできるだけ手間をかけず本業に専念したいところです。
「店舗にチラシを置いてもらう」ための置きチラシサービスは広告代理店などが提供していますが、
棚シェアリングエコノミーのエーヨ!を活用するメリットは、ターゲットが同じで、自分がいかなくても店舗と直接つながれることです。
ポスティングや折り込みよりかなりコストも低いので、うまく活用すれば費用対効果の高い広告チラシ宣伝になりそうです。
全然行ったことのない地方のお客さまや店舗と出会い広がる可能性を考えるととてもロマンがありますね!