効果的な置きチラシ、フライヤーを考える時に見落としがちなこと

一生懸命チラシを作ったり、お店へ置いてもらったりするならできるだけ効果をあげたいですよね。
効果的な置きチラシ、置きフライヤー、をするためにはどんなことが必要なのでしょう。意外と見落としがちな事を皆さんもやってはいないでしょうか?

■告知期間が短すぎる
例えば公演が1週間後にせまった舞台のお知らせを1週間前から慌てて告知するのでは遅すぎますよね。大体1ヶ月は人の目に触れていないと効果は限定的です。どうしても差し迫った理由がない限りは、余裕を持ったスケジュールで告知や宣伝を始めましょう。

■具体的なアクションを起こしづらい
イベント日時を書き忘れる人はいないと思いますが、チケットの購入や予約方法が記されていない、商品の購入ページへのQRコードがない、お問い合わせは載っているが、見た人にどういう行動を取って欲しいのかわかりにくいチラシはとても多いです。
目的がはっきりしているならそれを忘れないようにしましょう。クーポンなども一つの手です。また認知活動の一貫でしたら、つい手に取りたくなるような魅力的なデザインにしたいですよね。

■置いている場所が悪い
このケースはとても多くて、特に飲食店さんだと横のつながりに頼りすぎて積極的な顧客獲得につながっていない場合も。
自分のビジネスにほとんど関係のない人しか集まらない店舗に置かせてもらうことも非効率です。
大切なパンフレットやショップカードを無駄にはしたくありませんよね。

■デザインがちょっと・・・
素人臭いのは逆に味になる可能性はありますが、伝えたいことが不明瞭すぎて胡散臭くなってしまいますと良くありません。限られた予算でやりくりするのは難しいですが、デザインをプロに頼むのも一つの手です。
最低限分かりやすくちゃんと伝えられるチラシであること。
これは大切ですね。

 

チラシの印刷は簡単にできるようになりましたが、デザインや告知方法まで考えられている人はまだまだ少ないです。
置きチラシのエーヨ!は誰もが簡単に経済的に効果的な置きチラシができるサービスです。ここで浮いた予算をデザイン費にまわし、もっともっと効果的な告知宣伝を行いましょう!

https://a-yo.jp