先日はコムサのニュースが衝撃でしたね。
「コムサイズム」、日本の伝統技を海外工場でも

 

 

そんな中相変わらずポリの着物を京都で着ている観光客の方々。
安くかわいく変身できていいのでしょうが、本当にそれでいいのでしょうか?
誤解のないように申し上げると、観光客の方々にとってはそれが当然なのです。

 

 

問題は京都で観光産業に従事するわたしたち側にあると思います。

 

どういうことかと申しますと、京都でレンタル着物を行なっている事業者様の一部に、
次世代に京都ブランドを残していこうというビジョンがないように思います。

 

安価な海外産を使用し原価を極限までおさえた薄利多売のビジネスモデルで、
積み上げてきた京都ブランドを私たちの代で食いつぶそうとしている。

 

 

誤解を恐れずに申し上げると、目先の利益しか見えていないのではないかと感じてしまいます。

 

 

日本中に、安いものから高いものまで色んな着物があっていいのですが、京都で販売する着物だけは本物でなければならない。
本物の中で価値を競い合わなければならない。そう個人的には思います。

 

 

 

paper items

 

きもの+化粧 京呉館の着物はあくまでデザインとサービスで真っ向勝負しています。
ポジショントークにはなってしまいますが、そんな本物である事の誇りを失わないお店を応援したいなと思っています。

きもの+化粧 京呉館